精密機械を作っている業者

>

質問があれば積極的に聞く

最初のうちに聞いておこう

初めて精密機械製造業で働く人は、わからないことが多いと思います。
それは悪いことでも恥ずかしいことでもないので、どんどん周囲に聞いてください。
丁寧に聞けば向こうも対応してくれるので、疑問を解決できると思います。
わからないまま何となく仕事を進めるとミスが起こりますし、機械の操作方法を間違えて事故が起こるかもしれません。

万が一他人を事故に巻き込み、ケガをさせたら大変です。
ケガのリスクもあるので、わからないままにしないでください。
他人に質問する時は、相手が作業していない休憩時間などのタイミングを狙いましょう。
聞いたことを忘れないよう、メモに残すことが大切です。
後でわからなくなっても焦ることなく、メモを見ると解決します。

コミュニケーションを取ろう

わからないことを気軽に聞けるよう、周囲の作業員と円滑な関係を築いてください。
毎朝挨拶をしたり、笑顔で会話をしたりすることがポイントです。
何度もコミュニケーションを重ねて仲良くなっていれば、困った時に力を貸してくれると思います。
仲間に、力を借りるだけになるのはいけません。
他の人の作業が滞っている時は積極的に助けるなど、協力し合うことを心がけましょう。

自分が困っている時だけ助けてもらい、他人が困っている時に知らん顔をしていると、印象が悪くなってしまいます。
すると次第に、誰も助けてくれなくなるでしょう。
そのため自分の作業に集中しながらも、周囲に困っている人や仕事が遅れている人がいないか確認してください。


TOPへ戻る